【クレーンゲーム 】店員に取り方教えてもらうのは重要じゃない!?【取り方】

ゲームセンターで働いていると「店員さん、取り方教えてください」と言われることがよくあります。

よくあるやり取りですが、実は店員に取り方を聞くことに大きな価値はありません。

聞いても良いですが、それのみを信じて取ろうとするのはダメです。

本記事は、ゲームセンター店員のアキンボがこの「クレーンゲーム×店員のパラドックス」に関して解説します。

そもそも店員は、素人に毛が生えた程度

店員に取り方を聞いている人の中には、店員さんは「クレーンゲームの達人」と思っている人もいると思います。

しかし、これは大きな間違った考えです。

辛口ですが、素人に少し毛が生えた程度です。

実例を挙げると、私の同僚のスタッフに

「ゲームセンターで2万くらい使ってやっとフィギュア取った(暦3年)」
「4000円かけて人形取れなかった(暦9ヶ月)」

と言っている人もいます。

Q. では、何をお客さんに教えているか?

A. 基本的には先輩に「よくある対応」を教えてもらい、その通りに話しているだけです。

よくない勉強法にありがちな、問題と答えを丸暗記、としていることは同じです。

そして、この「よくある対応」にもカラクリがあります。(次へ)

取り方を聞くと、教えられること

「よくある対応」ですが、店員が話す内容は以下の3点です。

    ①店が決めたP/O(ペイアウト率)に収束する取り方。
    ②当たり前のこと(聞くまでもないようなこと)。
    ③適当なことや嘘

①について・・・
店は設定額に収束させることが目的で、その設定額に収束するように設定を組んでいます。
そうなると必然的に、店の想定した取り方を教えられます。
例「手前を持ち上げて少しずつ〜・・」など

②について・・・
また、よくあるのが当たり前のことを言われる、ということです。
例「少しずつずらしていく感じで〜」「重心を持ったら持ち上がります〜」
特に参考になりませんね。

③について・・・
適当なことや嘘を言われることもしばしばあります。
確率機にて「惜しいです〜!もっと真ん中を〜(←確率くるまで無理です)」
ペラ輪に何回アーム入れてもびくともしない時「いや、ちゃんと動くんで(←動きません)」

ゲームセンター店員の中には自分の中の真理を絶対に突き通す”意見曲げないマン”が一定数います。

YouTubeや攻略サイトで取り方を知ることが一番!

結局上手くなるには、上手い人のやり方を真似することが手っ取り早いです!

YouTubeや攻略サイトには上手い人がたくさんいるので、その人達の取り方を真似しましょう!
関連記事:

まとめ

  • クレーンゲームの取り方を店員に聞いてもあまり意味がない!
  • 実は、ゲームセンター店員は素人に毛が生えた程度!
  • 結局上手くなるには、上手い人のプレイを真似することが大切!

ちなみに、なかなか取れない場合にアシストを頼むことは有効です。
関連記事:

他にもクレーンゲームの攻略について解説しているので是非見て下さい☆

クレーンゲーム攻略記事一覧へ

オンラインクレーンゲームの魅力や攻略について超詳しく解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です