【クレーンゲーム】店に騙されていませんか?100円で動くのは実は罠です【設定】

通りすがりの人

100円入れてめちゃ動いたからこれは簡単に取れるに違いない!

と思ってお金をたくさん使ったけど取れない。
なんてことありませんでしたか?

これは単なる偶然ではありません。お店側がわざとその様に設定しています。

本記事では、そんなクレーンゲームで初心者がよく勘違いするクレーンゲームの設定について、ゲームセンター店員のアキンボが解説します。

例えば、どんな設定か?

動画をご覧下さい。
初期位置では高い位置に景品が置かれており、一発目で大きく景品が動きます。

これは反動台と呼ばれる設定で、この動画の方は簡単に取っていますが、本来はかなりお金がかかる設定となっています。

様々なゲームセンターでこのような設定が見られます。
店側は、始めのアクションが大きいと客はつられてお金をつぎ込むだろうという考えでこのような設定にしています。

ゲームセンターに行ったら、このことを意識してみて下さい。
多くの台がそのような設定になっていると思います。

確率機でも同じことが言える

確率機でも同じことが言えます。
確率機では景品が途中まで持ち上がりますが、実際には取れないことが多いですよね。

関連記事:【これだけは知っておきたい】クレーンゲーム 確率機とは?機種は?特徴は?【UFOキャッチャー】

店側はお客さんにできるだけお金を使って欲しいので、このような手法を使ったり、また一見簡単に取れそうに見える設定にしたりと色々戦略を練っています。

ですので、「100円でたくさん動いた!」「すごく簡単そう!」と思っても油断しないことが大切です。

まとめ

POINT
  • ゲームセンターのクレームゲームは初めの100円で大きな動きになるように設定されていたり、一見簡単に見える設定であることが多い
  • 確率機もお客さんの”たくさん動いた、もう少しで取れそう”という心理を使っている
  • 1回目で大きく動いたからといって取れやすい訳ではない

他にもクレーンゲームの攻略について解説しているので是非ご覧下さい☆

クレーンゲーム攻略記事一覧へ

オンラインクレーンゲームの魅力や攻略について超詳しく解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です