【クレーンゲーム】◯千円使ったんですけど・・店員に嘘をついてもバレない方法とは?【アシスト】

前回の記事の続きです。前回の記事は下をクリック!

前回の記事:【店員には丸分かり】クレーンゲーム 〇千円使ったんですけど・・嘘をついても店員にはバレてる!?

前回のまとめ

  • 店員はお金を使っている人には取れるように景品のアシストをする
  • 店員は機械の履歴からお客さんの使用額を確認できる(最近の機種では、他の台からも記録が確認可能)
  • そのため「◯◯円使った」と嘘を付いてもバレる可能性が高い

店員に嘘をついてもバレてしまうという内容でしたが、実は店員もこうしたら分からないという状況があります。

本記事では、そのことについて解説していきます。

土日や大型連休の時はチャンス?

基本的に店員は、お客さんの使用額を確認することができます。

しかし、激混みでお客さんが入り乱れている時=つまり土日や大型連休の時に関してはそうはいかないことが多いです。

土日や大型連休の時はチャンスな理由

休日のゲームセンターは基本的に激コミです。

その上、「連休にはシフト入れないで〜」っていう人もいるため休日は基本的に人手不足です
(休日のフロアでの仕事は本当に地獄なんです・・・笑)

常にお客さんの対応をしている状態のため、
”このお客さんは今来たばかり”
”あの人は苦戦している”

などの把握できていません。

そのような状況下では、最初のお客さんが数千円使った後、新しいお客さんが100円だけ使ったとしても、記録としては同じ時間帯で前回獲得からの使用額が数千円と表示されるため、判別ができません。

その場合、投入金額が設定金額に達しているかどうかで判別することになるので、それが超えていたら取れるようにアシストをします。

つまりこのことを利用すれば、あまりお金を使っていなくても大きなアシストを貰えることになります。

まとめ

休日に
「苦戦してたくさんお金を入れていたけど、やめてしまった。」
このような台を見つけたら、積極的にプレイ
してみましょう!

店員にアシストをお願いすれば、かなり取りやすくしてもらえるかも知れません!

  • 基本的にはお客さんがいくら使ったかは機械の中をみれば分かる
  • しかし、お客さんが多すぎて入り乱れている状況だと分からない場合があるので、嘘をついても正直バレないことが多い!
  • 休日に、苦戦して取れないまま放置された台があったら積極的にプレイするのがオススメ

他にもクレーンゲームの攻略について解説しているので是非ご覧下さい☆

クレーンゲーム攻略記事一覧へ

オンラインクレーンゲームの魅力や攻略について超詳しく解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です