【捨て100円】クレーンゲームが上手くなるコツ【損切り】

「1000円も使ったのに、始めの位置とほとんど変わってない・・・」
クレーンゲームをしていると必ずこういう場面に遭遇します。

ここで問題です。

こういう時の正しい対応はどれか?
①続行する
②諦める
③店員を呼ぶ

ゲームセンター店員の考える答えは②の諦めるです。

捨て100円とは?

1000円も使ってしまった人

1000円も使ったのに諦めるのはもったいないよ!

そう考えてしまう気持ちはとても分かります。

しかし、「始めの位置とほとんど変わってない」←この状態はお金を使っていないことと同じですね。

考え方として大切なのが「過去にいくらお金を使ったか」ではなく、「現時点・今の場面でもし自分が新しくプレイするとしたらその台をプレイするか」です。

ちなみに、これは投資などで損切りする際に大切な考えです。

つまるところ、取れない台にこれ以上お金をかけてはいけないということです。

1000円も使ってしまった人

じゃあどうすれば良いの?

ここで大切になるのが「捨て100円」という考え方です。

「捨て100円」とは、100円を捨てる気持ちで「台の設定」や「取れやすさ」などを見極めることです。

そしてダメだと思った台はさっさとヤメてしまうことです。

具体的な見るべきポイントは

  • 設定・台のクセ
  • アームの強さ、景品の重さ
  • アームの開き幅
  • 移動制限
  • 下降制限
  • 自分なら取れそうか?

です。

なんと言っても一番重要なのがアームの強さです。

取れそうなアームパワーだったら続行、弱かったらヤメ

この「捨て100円」がクレーンゲームの大切なテクニックになります。

ちなみに、反動台などでは100円でとても取れそうな挙動をしますが騙されないで下さいね。
関連記事:【クレーンゲーム】店に騙されていませんか?100円で動くのは実は罠です【設定】

まとめ

「捨て100円」は特に初心者にとっては特に大切なテクニックです。

「捨て100円」をしないと、稀にある絶対に取れない設定で大きな損失をしてしまいます。

関連記事:【暴露】クレーンゲームには絶対に取れない設定がある【対策法も】

クレーンゲームが上手い人は絶対に使っているテクニックなので是非身につけて下さいね。

  • 「捨て100円」とは最初の1プレイで台の仕様を見抜くこと
  • 見抜くべき一番大切なポイントはアームパワー
  • ダメだと思ったら、すぐにその台を止める
  • 難しい台には挑まないのが吉

他にもクレーンゲームの攻略について解説しているので是非見て下さい☆

クレーンゲーム攻略記事一覧へ

オンラインクレーンゲームの魅力や攻略について超詳しく解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です